『詩編 6』

主よ、怒ってわたしを責めないでください 憤って懲らしめないでください。 主よ、憐れんでください わたしは嘆き悲しんでいます。 主よ、癒してください、わたしの骨は恐れ わたしの魂は恐れおののいています。 主よ、いつまでなのでしょう。

主よ、立ち帰り わたしの魂を助け出してください。 あなたの慈しみにふさわしく わたしを救ってください。 死の国へ行けば、だれもあなたの名を唱えず 陰府に入れば だれもあなたに感謝をささげません。

わたしは嘆き疲れました。 夜ごと涙は床に溢れ、寝床は漂うほどです。 苦悩にわたしの目は衰えて行き わたしを苦しめる者のゆえに 老いてしまいました。

悪を行う者よ、皆わたしを離れよ。 主はわたしの泣く声を聞き 主はわたしの嘆きを聞き 主はわたしの祈りを受け入れてくださる。 敵は皆、恥に落とされて恐れおののき たちまち退いて、恥に落とされる。

『新共同訳聖書』より。

カウンター
^