魔方陣(マジック・スクエア) 第十四群

自分自身の全てを見えなくするための(「スクエア」であり)、日中と夜との [ 12 ] の時間(24時間)に対応する [ 12 ] の図表。

(a) これらの図表は一部は善霊によって、そして一部は悪霊によって明示される。

(b) [ MAGOT ] はこの作業を支配すると言われている。

(c) 使い魔はこれらの作業を実行しない。

(d) 自分自身を見えなくする事はとても簡単な事であると「アブラハム」によって表現されている。ここにある [ 12 ] の図表は、王子 [ MAGOT ] に従う、全て同一の力を持つ異なる [ 12 ] の霊に対応している。図表を術者の頭の上に(術者の頭を覆っているものの下に)配置すると、その後、術者は目に見えなくなり、それを取ったと同時に術者は目に見えるようになるだろう。

(e) これら(図表に用いられている)全ての名前は、見えなくなる事に関連した幾つかの考えを明瞭に表現したものであると気付くだろう。各「スクエア」についての注釈はそれぞれの「NOTE」に記載。

カウンター
^